インナーボール 産後

【インナーボール】で産後の膣トレ開始!

 

産後の膣のゆるみは、通常なら1年以内に元に戻ります。

 

ただ、骨盤低筋へ大きな負荷がかかっていた場合は改善しないこともあります。

 

産後ママは赤ちゃんのお世話にてんてこ舞い。

 

「自分の尿漏れなんて後回し」と思う方が大半でしょう。

 

ですから、よほど酷くないかぎりは1年くらい様子を見てから始めても良いと思います。

 

 

 

 

 

産後のゆるみの原因は?

 

赤ちゃんや内臓を支えるのが「骨盤」。

 

その骨盤を支える筋肉が「骨盤低筋」です。

 

日に日に大きくなる赤ちゃんとママの悦びの影で、骨盤底筋には大きな負荷をかけてゆるみを生じさせてしまっているのです。

 

 

 

 

骨盤底筋がゆるむとどうなる?

 

おしっこを我慢するときに使っている筋肉が「尿道括約筋」といいます。

 

うんちを我慢するときは「肛門括約筋」です。

 

こういった膣まわりにある筋の集合体が「骨盤低筋」です。

 

 

 

これがゆるむと、尿漏れの原因になります。

 

頭皮がゆるんで顔がたるむように、膣内の壁にもたるみが生じて膣がゆるむことにも繋がります。

 

また、内臓が支えきれず、腸が下がって痔になるリスクもあります。

 

 

 

 

産後の膣トレ方法

 

骨盤底筋を鍛える方法は、ネットで調べると沢山出てきます。

 

毎日時間が取れて、コツコツ出来る方にはおススメです。

 

「レーザー治療(インティマレーザー)」「膣ヒアルロン酸注射」「膣口形成」といった美容医療手術もありますので、毎日コツコツが苦手なら検討してみても良いのでしょうか。

 

 

 

 

膣トレには【インナーボール】がおススメ

 

膣を鍛えるなら、膣に特化した方法が近道です。

 

とはいっても手術は怖いしお金もかかります。

 

アクロバティックな体操は辛いし面倒。大概が3日坊主です。

 

やり方を間違えて「太ももや腰に負担が・・・」という事にもなりかねません。

 

【インナーボール】なら、膣に挿入して落ちてこないように力を入れるだけ。

 

どこにどれくらいの力を入れたら良いのかが明確なのです。

 

時間がなければ、入浴中に一工夫!

 

インナーボールを挿入して、立ったまま頭やカラダを洗うようにしてみては?

 

産後の膣を鍛えて、尿漏れストップ!

 

旦那に「ゆるくなった」なんて言わせないカラダを作りましょう♪

 

 

*日本人女性に合う小さめインナーボール。もちろん日本製です。

page top